初心者のための金箔情報サイト

金箔を勉強しよう!

金箔の長い歴史について、いろいろ考えてみる

金箔の長い歴史について、いろいろ考えてみる 金箔の歴史は正確にはいつから作られ始めたのか詳しいことは未だにわかっておりません。
でも、見つかっている中で一番古いものは古墳時代の装飾品が最古のものになります。
金は大昔から永遠や変わらないものを意味するものとして寺院の建築や仏像などに使用されてきました。
広く世間に知れ渡っているものでいえば、金閣寺が一番有名です。
何百年も昔に建てられたものとは思えないほど風化されていません。
今の金箔文化は中国から伝わってきたものを日本独自の技術として開発発展をしていったといわれています。
日本の金箔の中で一番有名な地域は金沢でこれには箔を作るために適していた気温や湿度、あとは水質にも恵まれていたからです。
時代が進むにつれて金は権力の象徴のような存在になり、豊臣秀吉がこよなく愛し茶室をすべて金で作ったことはとても有名です。
徳川の時代に移り変わった時、金などは政府の監視下に置かれるようになり現代のように変化していきました。
ここで今の銀行のようなものが初めて作られ金の価値が一定になりました。
それまでは一定ではないため金での売買をすることができず、まさに宝の持ち腐れでしたがこの時にやっと金を使って物の売買をすることが出来るようになりました。

金箔のあぶらとり紙の人気の秘密と選び方を知りたい

金箔のあぶらとり紙の人気の秘密と選び方を知りたい 金箔のあぶらとり紙に興味がある方にとって、購入前に気になるのはその人気がなぜあるかそして商品の選び方です。
金箔を使用したあぶらとり紙を製造したり販売しているメーカーは、京都や金沢にあります。
最初は舞子さんたちが化粧直しに箔打紙を使用したのが始まりになっています。
職人が多い京都や金沢で女が良く使用するこの化粧品を、美容効果を期待して舞子たちが使用した事から、一般の女性に口コミで広がったのが人気が出た理由になります。
自分が使用するだけでなく、お土産として購入する方が増えた事で多くの方が知るきっかけになったのです。
手ごろでありながら高級感があり、かさばらないので全国から観光に来る方がこれらの商品を探しています。
金箔は美容に効果が期待できるので、これらの商品以外に化粧水などを同じメーカーが販売しているケースが増えているのが特徴です。
最近は日本だけでなく、東南アジアを中心として世界中から注目されています。
もともと技術が確かな職人が品質を管理して製造している材料を使用しているので、幅広い年齢の方が利用できるのが特徴です。
日本古来の技術に加えて、衛生管理や品質を管理した工場で製造されている商品になっています。

金箔に関するお役立ちリンク

金箔 金沢